歯周病治療の内容とは

歯周病治療の内容とは

###Site Name###

歯周病とは、歯の周囲の汚れ(プラーク)のなかに含まれる細菌の毒素が、歯と歯の間の歯周ポケットから侵入し、歯肉に炎症を起こし、さらには歯を支える歯槽骨を溶かしてしまう病気です。
歯周病は、虫歯のように痛みを伴わないことが多く、病気に気づかないまま進行して症状が重くなってしまう場合があります。また、喫煙習慣がある人や糖尿病等の全身疾患を患っている人は、歯周病の進行が速くなる危険性があるので特に注意が必要です。


歯周病を予防するには、歯垢がつかないようにするために、毎日の歯ブラシやフロスなどを使った丁寧な歯磨きはもちろん、定期的に歯科で歯石を除去してもらうことが大切です。

それでも、歯周病になってしまった場合は、早期に歯科で歯周病治療を受けましょう。

歯周病治療では、まず徹底した歯科衛生士などによる歯磨き指導を受けます。

そして、歯石の除去を行います。

必要なら麻酔をしたうえで、歯茎を切開して歯槽骨を整えたり、歯周ポケットを減らしたりなどの処置をします。



噛み合わせが悪かったり、修復物が合わない場合は、症状を悪化させる可能性があるので、治療していきます。症状が進行してしまっている場合は、周囲の歯に悪影響が広がらないようするために抜歯をする場合もあります。

歯周病治療の知識が一目瞭然です。

さらに、禁煙や全身の健康管理などの生活指導を行っていきます。
歯周病は再発することが多く、歯周病治療が終わっても定期的にメンテナンスすることが大切です。

マイナビニュースの情報といえばココです。