歯周病治療と対策について

###Site Name###

歯周病は歯と歯ぐきのすき間に細菌が入って繁殖し、炎症がおこり、歯を支えている周りの骨が溶けていく病気です。歯茎が腫れたり、出血したり、口臭などの症状が伴い、最終的には歯を失ってしまうこともあります。

原因は歯についた歯石で、普段から歯磨きを怠っていたり、歯に合わない被せ物をしていたりすると歯石がつきやすくなります。

また、ストレスを受けたり、喫煙をしている人も歯茎の血行が悪くなり、免疫力が落ちて病気への抵抗力を弱めます。


では、歯周病治療にはどのようなものがあるのでしょうか。歯周病治療には、基本治療、外科治療、口腔機能回復治療、メインテナンスなどがあり、まず面接をして、歯と歯茎の状態を確かめたうえで、歯周組織検査でどれ位進行しているのかを調べます。

歯周病治療サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

検査は出血しているかどうか、歯のぐらつきの程度を調べ、X腺で歯の周りの骨の状態を調べます。

基本治療では、歯磨きや歯石除去で歯石を取り除きます。歯磨きの練習をすることで、歯茎の炎症を減らします。



その後に、噛み合わせのチェックをし、歯に合っていない被せものがあれば、取り除きます。
更に必要に応じて外科治療を行います。
外科治療は、歯石が深いところに入り込んでいて、基本治療では取り除けない場合に、歯茎に麻酔をかけ切り開いて汚れを取り除きます。

エキサイトニュースに関する詳細です。

歯周病治療で一度治ったとしても、再発する可能性が高いため、定期的に歯茎の周りの組織をチェックするメインテナンスを行います。