歯医者での歯周病治療について

###Site Name###

歯周病とは、細菌が感染した歯茎が腫れたり出血する病気です。

悪化すると歯が抜けてしまうこともあります。

ガジェット通信がとても人気であることがわかります。

加齢と共に歯が抜けてしまう場合がありますが、その原因の大半が歯周病によるものです。

こちらの歯周病治療の情報が必ずあります。

歯周病の原因の細菌は、歯垢の中で繁殖するため歯磨きがしっかりできていない人ほどかかりやすい病気です。

症状には、歯茎の腫れ、出血、歯茎が痩せたことにより、歯が歯茎から露出し、冷たいもしくは熱いものが染みる場合もあります。その他にも、歯茎から膿がでてしまったり、口臭が悪化する、また、歯がぐらぐらとしてしまうこともあります。
歯周病治療は、患者さんへのブラッシングの指導や、プラークや歯石の除去、噛み合わせの除去などを行います。
それでも治りきらない場合には、フラップ手術や歯周組織再生療法などで歯周病治療します。

歯周病治療以外でも、自宅でのブラッシングはもっとも重要です。
しっかりとブラッシングすることで歯周病予防へとつながります。歯医者でも、患者さんへのブラッシングの指導は重視しています。



理由は、患者さん自身がしっかりとしたブラッシングができるようになることで、口の中の管理ができ、歯周病になりにくい状態をつくりだすことができるからです。
また、歯周病治療が済み、治った場合でもその後のメンテナンスも重要です。定期検診で、また歯周病になっていないかをチェックし、歯周病の原因となるプラークや歯垢などを除去することで、予防することも大切です。