歯周病治療ははみがきが基本

###Site Name###

日本の成人のほとんどの人が歯周病にかかっているといわれています。近年の研究で、歯周病を放置しておくことで肺炎や全身疾患に影響を与えるということがわかりました。

では、どのような治療を行うのでしょうか。

人気の歯周病治療関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

まず、歯周病治療の基本となるのは歯周基本検査と歯周基本治療、はみがきです。

歯周基本検査とは歯がぐらぐらしていないか、歯周ポケットは何ミリかといった検査です。

歯周ポケットとは歯とはぐきの間の隙間のことです。

この部分に食べ残しが入っていくことで病気が進行します。
歯周基本治療の一番一般的なのがスケーリングです。


はみがきでは落とせない歯垢や歯石を取り除く作業です。

もちろん、正しいはみがきでの手入れも欠かせません。
衛生に保つことで、歯茎が引き締まり、歯周ポケットがなくなってきます。

livedoorニュースに関する情報を公開中です。

歯と歯茎の隙間がなくなれば当然、歯がグラグラすることもありません。

ただ、歯周病治療はこのように軽い状況ですべてが改善するわけではありません。



スケーリングより歯茎の深いところまで処置をするものや手術もあります。


歯周基本検査よりももう少し細かく調べる精密検査を行ったうえで、手術なのか処置なのかを決めていきます。

歯がグラグラしてひどい人に対しては針金などで固定する処置を行うこともあります。

このような複雑な歯周病治療を行った場合でもその後ははみがき時の歯肉マッサージやお手入れが中心になります。

重症化すればそれだけ治療に時間もお金もかかります。

定期的な健診とただしい歯磨きで予防したいものです。