『早期の歯周病治療』が重要

###Site Name###

言うまでもなく『歯周病』とは歯の周りの組織(歯周組織)の疾患の総称です。
現在の日本人における歯周病患者の割合は実に8割にまでのぼると言われており、歯周病は日本人にとって、まさに『国民病』と言えるのです。


歯周病の初期症状は、歯茎からの出血や、歯肉炎などで、痛みもあまり伴わない事が多いため、虫歯よりも軽視され、歯周病治療に放置されがちなのが現状です。

よく「歯周病治療をしないで放置しておくと、歯がぐらついてきて、終いには歯が抜ける」という話を聞きますが、実は歯周病を治療せずに放置していると、それ以外にもいろいろな悪影響を及ぼすのです。

livedoorニュースが話題になっています。

例えば、歯が抜け落ちた所から体内に細菌が入り、体内のいたる所で炎症を起こしたり、歯周病患者の口の中に溜まった細菌を空気と一緒に吸い込むことで肺炎等の呼吸器感染症を引き起こしたりする事もあるのです。

また、近年では歯周病が糖尿病を悪化させる、という研究結果も出ています。

歯周病菌からでる物質には血中のインスリンの働きを妨げる作用があり、糖尿病が悪化するのです。
更に重篤な症状になると、血中に入り込んだ細菌が脳に渡り、半身不随や意識障害等を引き起こしたり、場合によっては命にかかわる様な状態に至る事もあります。こうなるともう手遅れです。

歯周病を甘く見てはいけません。



歯周病は恐ろしい病気である、という認識を持ち、歯周病の症状が出始めたら、『進行する前に、早めに』治療する事が歯周病治療において最も重要な事であるといえます。

歯周病治療の様々な相談を受けることができます。

また、普段からきちんと歯や歯茎のケアを行う事で口内の健康を保ち、歯周病にならないようにする事が大切です。